『Today is another day』

(10 Years Episode 4)

構想・打鍵:Zeke

 この作品はフィクションです。登場する人物、名称、土地、出来事等は実在するものではありません。
 また本作は(株)ELFの作品「同級生2」の作品世界を設定として使用しております。




 八十八学園南棟2階にある1年C組の教室は授業中だというのに、環状8号線沿線
のデシベル数に負けず劣らずの騒々しさがあった。
  教壇の前にある黒板に、でかでかと『自習』と書いてあるのがその主たる原因なの
だが、その下の『秋期遠足の班分け、及び見学場所のリスト作成』の文字が騒々しさ
に拍車を駆けていた。

 1クラス40人で、男女比率が1:1。男子4人女子4人計8人のグループに分か
れることになっているのだが‥‥。
 なるほど、男子4人、女子4人のグループにはスムースに分かれることが出来た様
だが、その先へ進む事で、あーだこーだなんだかんだで騒がしいのである。
 しかし、よく見ると女子グループの内1つは3人しかいなかった。欠席者がいると
いう訳ではない。その証拠に彼女達の視線は窓際に座る1人の女生徒に向けられてい
た。

            ☆             ☆

『嫌煙権』

 目の前に突き出されたノートにはそう書いてあった。
 別に店内は禁煙という訳ではない。が、今タバコを吸っているのは彼女1人だけと
いうのは事実には間違いが無い事だった。
 これが普通のお客のお願いならば、「すみません」の一言で灰皿に押しつける所だ
が、頭に来たのは、注意してきたのが中学生の男の子だったからだ。
 とは言っても、この店でアルバイトをしている身では、こんな子供でも立派なお客
様だ。と、普段なら堪(こら)える筈なのだが今日、彼女は朝から機嫌が良くなかっ
た。
「ごめんね。中学生のボーヤにはタバコの煙はちょっと辛いかな?」
 フーッとその子の顔に吸い込んだ煙を吹き付けてやる。
 ほんの一瞬、煙が相手の顔を隠し、そして徐々に晴れて行く。煙の向こうから現れ
た男の子は今にも泣き出しそうな顔‥‥などしておらず、逆に薄い笑みすら浮かべて
いた。
 その男子中学生がニッと笑った次の瞬間、ザッと彼女の目の前を影が過ぎった。
 反射的に閉じた目をゆっくり開けると、くわえていた筈のタバコが消えている。火
が消えているわけではない、存在そのものが消えていた。
 呆気にとられた彼女に向かって、
「今からタバコなんて吸ってると、丈夫な赤ちゃん産めなくなるぞ。」

 握り潰した吸い殻を灰皿に放り、真っ直ぐに愛衣の目を見据え龍之介は言い切った。

            ☆             ☆

「丈夫な赤ちゃん‥‥か。」
 教室内の喧噪などどこ吹く風で、窓の外に目を向けたまま愛衣が呟く。同級生や年
上の人間に言われても「カッコつけてる気障な奴」程度にしか思わなかっただろうが、
自分よりも3つも年下(襟章が見えた)の男の子に言われたのでは笑うしかない。
 現に愛衣は堪えきれずに吹き出してしまった。
 もっと笑えたのが、その子が真っ赤な顔をして(笑われたのが恥ずかしかったらし
い)席に戻るなりコップの水を飲み干し、中にあった氷を一緒にいた長い髪の女の子
に見えないように取り出して握りしめているのを見た時だ。
 笑いを堪えつつコップに氷だけを注いでやった時は、一本取ったと思ったものだが、
そんなことを考えている時点で既にこちらが何本も相手に取られているのに気付いた。

「変な奴‥‥。」
 そんな呟きに、
「‥‥叶さん。」
 他人の声が被さる。
「なに?」
 先ほどまでの考えを全く表情に出さず、そして相変わらず窓の外へ目を向けたまま、
その相手に答える。
 愛衣の机の傍らに立ったのは、先ほどの3人グループの女の子達だった。
「あの‥‥良かったら私達のグループに入らない?」
 他の2人に押し出される様になった先頭の女の子が、強張った笑顔を自分の方に向
けている。
「ええ。ありがとう。」
 その答えに相手が心底ホッとしたのがわかった。
 クラスメート達のこういう態度は今に始まったことではない。入学式の日にいきな
り最上級生に呼び出され、翌日その上級生達が学校を休んだにも係わらず、自分はな
に食わぬ顔で登校した‥‥そのときからだ。手加減はしたつもりだったのだが‥‥。
 余計な尾ひれが付いた噂は校内を駆けめぐり、愛衣はどこか浮いた存在になった。
 別に悔やむようなことではなかった。他人に対して一定の距離を保っておきたい彼
女にしてみれば、むしろ好都合とさえ言えた。
 他人に自分のテリトリー(領域)を侵されるのは好きではない。
 もっとも、教師連中に目を付けられたのは鬱陶しかったが‥‥。

                   ☆

その日の放課後‥‥ 
 ‥‥
 「叶さーん!」

 下駄箱から靴を取り出そうとしていた愛衣は自分を呼ぶ声にその手を止め、声がし
た方へ顔を向けた。
「‥‥、何処に行くんですか? 放課後打ち合わせをするってさっき言ったじゃ
 ないですか。」
 先ほど先頭に立って自分をグループに誘った女の子だ。
「バイトがあるの。」
 素っ気なく答える。
「バイトって‥‥、うちの学園はバイト禁止ですよ。」
「許可なら取ってある。疑うんなら担任の井上にでも訊いてよ。」
 彼女はちょっと考え込んだが、すぐに
「そうですか‥‥ならいいです。その代わりバイトが終わったら‥‥。」
 抱えていたルーズリーフを開き、ペンを滑らす。
「‥‥連絡して下さい。これ、私の家の電話番号です。」
 取り外したページを差し出し、愛衣が受け取る。
「‥‥ヤスダ マナミ?」
「あ、それで『アズミ』です。変わった読み方をされるのは一緒ですね、アイさん。」
 愛衣はクスッと笑う愛美をちょっと睨み、その手からペンを奪い取ると、渡された
電話番号の下にペンを走らせ、再び愛美へ押しつける。
 愛美がそれに目を落とすと、家の電話番号の下に、知らない番号が書き殴ってあっ
た。
「‥‥これは?」
「10時頃には家に帰ってる。1人だから何時になっても構わないよ。」
 あくまでも素っ気ない愛衣だったが、そう言ったとき、わずかに微笑んだ。
「え‥‥」
 電話番号を教えてくれた驚きよりも、その微笑の方に愛美は驚いた。
 そんな愛美を後目に、愛衣は校門へ向かって歩き出す。

「愛美ぃ〜。」
「平気だった?」
 愛衣を見送る愛美に、何処に隠れていたのか、残りの2人が心配そうに駆け寄る。
「なにが?」
「何がって‥‥、何かされなかった?」
「カミソリとかで脅されなかった?」
「そんな事される訳無いでしょ。大体あの人噂される程怖い人って訳じゃなさそうだ
 よ。電話番号教えてくれたし‥‥。」
「あ、愛美、訊いたの?」
「訊いたんじゃなくて、教えてくれたの。」
「‥‥」
「愛美って凄いかも‥‥。」
「なに言ってんのよ。ほら早くしないと男子が待ちくたびれちゃうよ。」
 愛美は友人2人を押すようにして教室へ続く廊下を歩き出した。

            ☆             ☆

 そのほぼ同時刻。八十八商店街の路地裏ではちょっとしたイザコザが起こっていた。
 ガラの悪い女生徒三人が、違う制服を着た二人の女子生徒を取り囲み‥‥
「私達さぁ、お金に困ってるんだよね。融資してくんない?」
 融資と言ってはいるが、その連中に返す気は全くないようだ。
「融資って言うのは返せるアテがあるっていうのをこっちが判断して貸すモノだよ。」
 そんな連中に毅然とした態度をとるリボン付きの女の子。
「唯〜ぃ、まずいよぉ」
 が、後ろで震えている友達らしき娘はそこまで気丈ではないようだ。
「綾ちゃんは黙ってて。大丈夫、唯が守ってあげるから。」
 体格的にはその友達の方が大きいのだが、唯は自信ありげだ。
 相手はそんな会話が聞こえなかったのか、
「じゃあ、言い換えてやるよ、大人しく有り金全部出しな。」
「優しく言っている内に出した方が身の為だよ。」
「いや!」
 この手の連中の専売特許の言葉にも唯は怯まない。3人に失笑が漏れる。
「随分強気じゃないか、こんなリボンしてる割にはさ‥‥」
 一人の手が唯の頭のリボンに伸びるが
「さわらないで!」
 バシッとその手を払い除ける。
「こいつ! 下手に出てりゃつけ上がりやがって!」
 溜めていたものが一気に吹き出したのか、一人がその手を掴み捻り上げ、反対の手
を振り上げる。

「つけ上がってるのはどっちだ?」
 その背後から何処か芝居がかった声があがる。3人が一斉に振り返ると、そこには
鞄を後ろ手に掛け、反対の手をスカートのポケットに突っ込んだままの格好で髪の長
い女の子が何処か茶化したように3人を見回していた。
「み、南川!」
「これはこれは、藤島先輩じゃあないですか。先週うちの生徒に手は出さないって言
 ってませんでしたっけ?」
「ああ、いい所で会った、この前のお礼をしたいと思っていたんだ。」
 しかし相手は少しも怯まない。何しろ数の上では圧倒的に有利なのだ。
 唯の手を離し、洋子に身体を向ける。
「律儀ですねぇ、そんなに気を使わなくてもいいのに‥‥」
「そうはいかないよ。お礼はしっかりしなくちゃいけないってお婆ちゃんに教わった
 からね。」
 軽い言葉を交わしつつも、3人はジリジリと間合いを詰めていく。
「あ、そうなんだ。でもそれ以外の事は教えてくれなかったみたいだな、そのばーさ
 んは。」
 洋子の方は相変わらずで、身構えようともしない。
「ほざけ!」
 それが合図だったかのように、3人の足が一斉に地を蹴った。
「危ない!」
 唯が叫ぶと同時に、洋子が右手をポケットから出す。次の瞬間一人目が宙に舞い、
背中から地面にたたきつけられた。
「え‥‥!?」
 驚いたのは唯だけではない。体勢が乱れた隙を突こうとした二人目も同様だった。
 そいつに向かって左手に持った鞄を投げつける。洋子にしてみればそれは時間稼ぎ
だったのだが、鞄は見事に二人目の顔面を直撃した。一番不幸だったのはこの二人目
かも知れない。なぜなら洋子の背負い投げによって、3人目が2人目に向かって投げ
つけられたからだ。

 どっすん! 

 ビルの外壁に立てかけられた角材をなぎ倒し、二人は『きゅう』という具合にのび
てしまった。
 あっと言う間の出来事に唯と綾子は呆然としてしまう。洋子の方はパタパタと制服
の埃を叩きながら(とは言っても殆ど汚れていないのだが)鞄を拾い上げ、
「大丈夫か?」
 まだ呆然としている二人に声を掛ける。
「あ、ありがとう‥‥」
「怪我は‥‥無いな。まあ今回は私が通りかかったからいいようなもの‥‥の」
 鞄を持った手を腰に当て、二人を指差しお説教を始めようとした洋子の言葉が途切
れ、ドサッと、手に持った鞄が再び地面に落ちた。
「ま‥‥舞衣!?」
 がしっ! と唯の肩に両手を掛け、洋子の細い目が目一杯に開かれる。
「舞衣じゃないか! お前いつ帰ってきたんだ? もういいのか?」
 ところが、唯の方は何がなんだか解らない。興奮する洋子とは対照的に、
「まいじゃなくて、唯だよ。」
 あっさりと訂正する。
「え?」
 今度は洋子の方が絶句する番だった。
「舞衣‥‥じゃないのか? そっか、‥‥そうだよな。」
 高揚していた声が、一気に落胆へ転じる。
「悪い、人違いだ。‥‥でもよく似てる、って言うより、殆ど生き写しだな。」
 まじまじと唯の顔に見入る洋子。

「‥‥くぅ。」
 一番最初に投げ飛ばされた女生徒がヨロヨロと立ち上がる。
 
 その足に1m弱の角材が当たった。他の2人がなぎ倒した内の何本かが折れ、彼女
の足下まで転がってきたのだろう。
 その角材を手に取り、不適な笑いを浮かべる。背を向けている洋子は彼女に気付い
てはいないようだ。

 最初に気付いたのは綾子だった。
「あぶないっ!」
 が、叫んだ時既に振り上げた角材は頂点に達し、後は振り落とすだけの状態になっ
ていた。
 唯の目にも、洋子の肩越しに不良の一人が角材を振り上げ、今にも襲いかかろうと
している姿が入る。
 咄嗟に自分の身体を入れ替え、洋子を庇(かば)う。
 驚いたのは洋子だ、どう見ても自分より華奢な女の子が自分を庇おうとしている。
(やっぱり似ている。)
 状況にそぐわない考えが頭を過(よ)ぎる。振り下ろされる角材は、やけにスロー
モーに見えるのだが、身体の方はそれに反し全く動かなかった。


  バ シ ィ !
 鈍い音が路地裏に響く。
 だが、悲鳴や呻き声は上がらなかった。
 なぜなら‥‥

「‥‥ったく、だからウロウロしないで待ってろって言ったのに。」
「綾瀬!?」 「綾瀬君!」
 洋子と綾子の声が重なる。
 洋子を庇った唯を更に庇うように、龍之介が振り下ろされた角材を鞄で止めていた。
「おい、乱暴者。お前の友達は随分と物騒だな。ちゃんと教育しておけよ。」
 角材を奪い取り、その不良を見据えたまま洋子に話し掛ける。
「一緒にするな。まあ、教育が足りないと言うのには同意するけど。」
 洋子も立ち上がり、教育の対象を睨みつける。
「くっ」
 洋子一人でも適わないと言うのに、その洋子と対等に口を利く人間が出てきたので
は勝ち目がないと見たのか、
「覚えてろ!」
 この手の連中の常套句である捨てぜりふを残し、龍之介達に背中を向ける。倒れて
いた二人もヨロヨロと起きあがり後をその後を追っていった。
「もうちょっと可愛ければ覚えていても良いんだけど、あれじゃ英単語を覚えた方が
 マシだな。」
 誰にともなく龍之介が呟くと、ビルの影から
「嘘つきなさいよ。」
 様子を見守っていた友美が姿を現す。
「唯ちゃん大丈夫?」
 龍之介と洋子の間をすり抜けるようにして、友美が唯に駆け寄るが、唯の方はピク
リともしない。
「おい、どっか痛めたのか?」
 龍之介も慌てて唯に駆け寄る。その途端、
「恐かったよぅ。」
 唯が両手を広げ、龍之介に抱きつく。

 ‥‥つもりだったらしい。本人は‥‥
「唯ちゃん、龍くんあっち‥‥」
 唯が顔を上げると、抱きつかれた友美が困ったような顔で唯を見下ろし、別の方向
を指差していた。
 龍之介はというと綾子の方に駆け寄り、
「綾ちゃん大丈夫? どっか痛くない?」
 と、心配そうな顔で訊いている。

 唯は友美の身体から離れると、ずんずんと龍之介の背中に向かった。
「あ、あたしは唯の後ろで震えてただけだから‥‥綾瀬君、後ろ。」
 バン!
 綾子の忠告も空しく、龍之介の頭に唯の鞄が振り落とされた。
「‥‥いてーな! 助けてやったのにこの仕打ちはなんだ!」
「唯の心配もしてっ!」
「お前の心配したって、何も出ないだろ。」
「お兄ちゃんは唯の事が心配じゃないんだ!」

 ギャーギャーといつもの様な喧嘩が始まると、友美は額を押さえた。
(週末は様子が変だったけど、今日はいつもと変わらないわ‥‥)
「おい、優等生。」<(^_^;)
 その友美の背後に洋子が立つ。
「あいつ、綾瀬の何だ?」
 説明が遅れたが、龍之介と友美、洋子は同じクラスにあたる。ちなみに綾子は唯の
クラスメートで、一番の友達と言ったところだろうか。
「なにって?」
 友美が動揺を悟られないように聞き返す。
「綾瀬のことを兄貴呼ばわりしているけど、兄妹じゃないんだろ? 全然似てないも
 んな。」
  双子では無いと言いたいのだろう。
「二人は従妹同士なのよ。知らなかった? ちょっと有名よ。」
 友美の代わりに、綾子が答える。
「従妹? はーん」
 洋子が納得したように頷く。
「あの‥‥助けてくれてありがとう。ぇと‥‥南川さん。」
 綾子がお礼の印にペコリと頭を下げる。
「ん‥‥ああ。」
 気のない返事の洋子。その視線は唯に固定されていた。
「何やってたの? こんな路地裏で。」
 気まずい雰囲気とみたのか、友美が綾子の方に顔を向け尋ねる。
『にゃー』
 その綾子の腕の中で、一匹の猫が名乗りを上げた。
「猫の鳴き声がしてここに入ったら、あの人達がいて‥‥」
「なるほど。でも、ああいった場合には、大人しく金を渡して逃げた方がいいぞ。」
 洋子の忠告に綾子も頷く。
「うん、でも唯が‥‥」
「顔の割に気丈なんだな。」
 真実は洋子と綾子の会話を聞き流す友美だけが知っていた。
(きっと私と一緒なんだわ‥‥信じてるのよ。)

                   ☆

「綾ちゃん、猫は?」
 言い争いに一区切りついたのか、龍之介と唯が3人の元に戻ってくる。
「大丈夫。」
 綾子が手の平に乗りそうな子猫を差し出した。
「ね、お兄ちゃん、お母さん許してくれるかな?」
「‥‥お前、飼うつもりか?」
「うん、名前も決めたんだよ。キャサリン。」
「キャサリンって‥‥こいつ雌か?」
 龍之介が綾子の手から子猫をひょいと持ち上げる。
「雄じゃないか。‥‥それにこいつ飼い猫だぞ。首輪が着いてる。
 なになに‥‥ZASIKINEKO SINOHARA? これ名前か? ‥‥お前もしかして不幸な
 奴かもしんないなぁ。」
 しみじみと猫に語りかける龍之介だが、猫の方は『大きなお世話だよ』と言わんば
かりに龍之介を見上げる。
「まっ、いいか。えーと、住所は‥‥結構近いな。」

            ☆             ☆

「あーあ、飼いたかったなぁ。」
 ため息混じりに唯が呟く。結局猫は返しに行く途中で、猫を探していた飼い主が見
つかり、「お礼を」の言葉を丁重に断り帰途についていた。
「そんな事言うと、トムとジェリーがヤキモチ焼くぞ。」
「オリオンとアルテミスだってば。」
 友美が訂正を求める。オリオンとアルテミスとは、友美の家で今年生まれた子犬の
ことで、いつもアルテミスがオリオンを追っかけ回していることから、龍之介はトム
とジェリーと呼んでいた。
「オニオンだろうがアルミホイルだろうが、どっちでもいいよ。大体、家は喫茶店や
 ってるんだから、生き物飼うのは難しいんだ。ところで‥‥」
 龍之介がピタリと足を止め振り返る。
「どうして乱暴者がついて来るんだ?」
「誰が乱暴者なんだ? 問題児。」
「お前以外に誰がいるって言うんだ、乱暴者。」
「ふん、お前に用がある訳じゃないよ。唯‥‥だっけ? ちょっと付き合ってくれな
 いか?」
「え?」
 唐突な申し出に唯が一歩後ずさる。
「別に取って食おうって訳じゃない。ちょっと会わせたい人がいるんだ。」
 洋子は唯を見据えて言っているのに対し、唯の方は龍之介の方を伺うように見る。
 その態度に、洋子も誰に許可を求めるべきか理解したようだ。
「綾瀬、いいだろ?」
「俺に聞くな、俺に‥‥」
「お前に聞いた方が、話が早くて済みそうだからだ。」
「‥‥好きにすればいいだろ。」
「その代わり私達も一緒で良いかしら?」
 あまりに素っ気ない龍之介の言葉を友美が引き継ぐ。こうでもしないと話が進まな
いと思ったのだろう。
「達って何だ、達って。俺は行かな‥‥」
 言葉を切ったのは、唯が"じっ"と見つめていたからだけでは無く、その行動にも原
因があった。おもむろに手を唇に持っていくその行為が‥‥
 その目は『しゃべっちゃうよ。』と語っているように龍之介には見えた。選択の余
地は無かった。

            ☆             ☆

「ありがとうございました。」
 抑揚のない言葉を、店を出ていくお客に投げる。
 こんな中途半端な時間にも係わらず、まだ2組のお客がテーブルを陣取り、おしゃ
べりを続けていた。
 愛衣はトレーを抱え、今出て行ったお客のテーブルに向かう。
「働けど働けど‥‥か」
 別に生計を立てる為に働いている訳では無いのだが、自然と口に出てしまう。
 親は不自由しない程度の生活費は送ってくれているし、マンションは元々家族で住
んでいたものだ。ただ、バイクの維持費くらいは自分で稼ぎたいと思ったし、そこま
で甘えるつもりもなかった。
 一人で家にいると気が滅入るのも理由のひとつだったが‥‥。
 彼女にとって今現在、会話が出来る人間というのは限られていた。ここ『Mute』
のマスター、そして幼い頃から家族付き合いをしていた‥‥

 カランカラン!
「愛衣姉、愛衣姉!」
 カウベルの音に続いて、その家族付き合いをしている、そして彼女の幼なじみ‥‥
いや、妹に近い存在である女の子が息せき切って転がり込んで来た。
「洋子、仕事中だよ。」
 叱るように睨み付けるが、洋子は全く気にせず、
「そんなことよりさ。ほらこいつ、そっくりだろ?」
 洋子が唯の肩を抱くようにして、愛衣の前に押し出す。しかし‥‥
「あれ、二人とも知り合いだったの?」
 当然のことだが、洋子が期待したほどに愛衣は驚かなかった。

                   ☆

「面白くない。」
 カウンターに座り、ぶすっとした顔で洋子がオレンジジュースのストローに口をつ
ける。
「なにが?」
 カウンター内で洗い物を続ける愛衣が聞き返す。
「もっと驚くと思ったのに‥‥」
「驚いたわよ。土曜日に初めて会ったときは‥‥」
「‥‥土曜日って、先週ですか?」
 友美が二人の会話に割って入る。どうやら未だに気になっているらしい。
「な、なんで唯を見て驚く必要があるんだよ。」
 それを遮るかのように龍之介が質問をかぶせたが、愛衣はあざ笑うかのように龍之
介を無視し、
「そ。あなたと来たのが水曜だから、最初はとんでもない奴だと思ったけどね。
 もっとも‥‥」
 唯と友美、それに綾子を順に見回し、最後に龍之介をジト目で睨む。
「‥‥今でもその評価は大して変わっていないけど。」
「私はただの幼なじみですっ!」
 愛衣が向けた視線の意味を察した友美が真っ先に否定する。‥‥と
「えっ! 水野さんと綾瀬君って付き合ってるんじゃないの?」
 第三者故に勝手な憶測をそのまま口に出してしまう綾子。
「綾ちゃん‥‥何処からそんな話が出て来たんだよ。」
「え‥‥だって二人は行く末を固く契った振り分け髪の頃からの筒井筒の仲だって噂
 よ。それに唯が‥‥」
 私のせいじゃないよとばかりに唯へ視線を向ける。
「唯、お前何を綾ちゃんに言ったんだ?」
「ゆ、唯は別になにも‥‥」
「小さい頃に、水野さんをお嫁さんにするって言ったんでしょ?」
 笑いを堪えるように綾子が続ける。
「ね、その後どうなったの?」
「その後ってなんだよ。」
 仏頂面を綾子に向ける龍之介。
「唯にもプロポーズしたんでしょ。それが水野さんに見つかって‥‥」
「へえー。そりゃ私も興味があるな。」
 洋子がニヤニヤ笑い、龍之介を見る。愛衣に至っては、龍之介に背を向け肩を震わ
せていた。笑いを必死に堪えているのだろう。
「‥‥忘れた。」
 とぼける龍之介。だが綾子は容赦ない。
「ふーん。綾瀬君てそーゆー人だったんだ。二人をお嫁さんにするっていう約束も忘
 れちゃうんだ。」
「唯! てめぇ‥‥」
「だって本当のことだもん。」
 唯が龍之介の怒りを受け流すようにカップに口を付ける。
「ぷっ‥‥」
 遂に愛衣が堪えきれずに吹き出した。
 それにつられるように洋子が、笑いを堪えながら話していた綾子が弾かれたように
笑い声を上げる。
 その笑いは5分程途切れることなく続いた。

                   ☆

「で‥‥唯がなんだって?」
 笑いの渦が収まったのを見計らい、龍之介が切り出す。
「似てるんだよ。」
 洋子が自分の鞄を開けながら答える。
「誰に?」
 答える代わりに、鞄から取り出したバインダーノートをカウンターの上で開く。
 真っ先に声を上げたのは友美だった。
「唯ちゃん?!」
 その透明のフィルムシートに挟まれていたは、3人の女の子が微笑む一葉の写真で、
その中の一人が唯にそっくり、というより唯そのものだった。‥‥リボンをしていな
いことを除けば。
「本当だ、唯によく似てる。」
 友美の驚きより綾子の声は幾分冷静だった。それも当然で、綾子は中学に入ってか
らの唯しか知らない。この写真の中の女の子はそれより幼かった。だが友美はこの女
の子と同じ年代の唯を直に見ており、もちろんリボンを取った唯も友美は知っている。
 この差がそのまま驚きの差となっていた。
 が‥‥龍之介は、
「そうかぁ? 全然似て無いぞ。」
 さすがに一緒に暮らしていると微妙な違いが分かる‥‥と言うわけではなかった。
「写真の娘の方がずっと可愛い‥‥いてててっ!」
 で、これは唯が龍之介の腕を抓(つね)った結果。

「今から二年くらい前の写真だよ。」
「へぇー。で、この右端に写ってる男の子みたいのが洋子か?」
「ボーイッシュと言え。」
「じゃ、この真ん中に写ってるのはもしかして‥‥」
 全員の視線がカウンター内の愛衣に集まるが、当の愛衣は興味無さ気に洗い物を続
けている。
「ま、そういう訳だ。ちなみにこいつの名前は舞う衣で『舞衣』。私達と同い年だ。」
「舞う衣? 愛しい衣ってのもどっかで聞いたな。」
「そりゃ、愛衣姉の事だろ。二人は姉妹なんだよ。」
 洋子と愛衣を除いた全員の視線が再び写真の上に注がれる。
「そう言われれば似てるわ。いかにもお姉さんと妹って感じ。」
 感心したように綾子が呟く。
 友美は愛衣と唯を見比べ、龍之介は
「良かったなぁ。姉ちゃんに似なくて‥‥」
 と余計なことを言う。
「言ってくれるじゃない。」
 龍之介を睨み付け、一瞬トレーを構えるが、思い直したかのように友美の方を見て、
「幼なじみなのよね?」
 と聞く。
「ただの(強調文字)です。」
 その友美の答えに愛衣がニンマリと笑う。
 再び龍之介を見‥‥そこで龍之介は愛衣が企んでいる事を察した。
(ただの幼なじみなら、唯ちゃんにキスした事を言っちゃってもいいかしら?)
 こんな言葉が愛衣の表情から読みとれた。

「ま‥‥まあ、写真と実物とじゃかなり違うよな。その証拠に愛衣は‥‥」
「呼び捨て。」
 鋭い指摘が飛ぶ。
「‥‥先輩は実物の方が全然‥‥‥‥し。」
 事実上の敗北宣言。
「無理しなくてもいいわよ。」
「い‥‥いや、本当にそう思ってるって。‥‥あ、急用思い出した。俺帰るわ。」
 席を立ち上がる龍之介。次いで唯が立ち上がる。しかし、当然着いてくると思われ
たもう一人が席を立たない。
「友美、帰るぞ。」
「先に帰ってて。私、もう少しここにいるから。‥‥さっき何を言おうとしたんです
 か?」
 龍之介と唯の方を見もせずに、愛衣へ問い掛ける。
 しかし、今まで龍之介にとって疫病神でしかなかった綾子が、今度ばかりは龍之介
に味方した。
「ねえねえ、私達と同い年って事は‥‥今は?」
 自分が蒔いた火種が業火となる前に話題を変えようと思ったのか、それとも単なる
好奇心からか洋子に訊ねる。
「それは‥‥」
「ちょっとワケ有りで、外国暮らし。」
 言い淀む洋子の言葉を愛衣が引き継いだ。
「ワケってなんです?」
「宮城さん。」(作者註:綾子の名字)
 突っ込んで聞こうとする綾子を友美が制す。
「それは私達が聞いていい範疇を超えてるわ。」
 愛衣はともかく、洋子の表情が友美の言葉を肯定していた。

            ☆             ☆           

「でも良く似てたよなぁ。」
 洋子を除いた4人が店を出、愛衣がその後片づけを始めると、洋子がため息ともつ
かない声を吐き出す。
「いくら似てても、あの娘は舞衣じゃないよ。」
「そりゃそうだけどさ‥‥舞衣の容態はどうなのさ?」
「入院してるんだから元気って訳にはいかないけどね‥‥ま、変わりないみたいよ。
 今のところはね。」
「良くはなってないんだ‥‥。」
「根本的な問題があるからね。」
「‥‥。」
「そんなしけた顔しないの。約束したんでしょ、ずっと待ってるって。舞衣だって絶
 対元気になるって言ったんでしょ。」
「でも‥‥」
「『でも』じゃないの。私だってあの娘がこの町に帰ってこれるように残ってるんだ
 から‥‥信じて待つの。それにね、今の状態でも長ければ5年は生きられるって。」
「5年!? なんだ。私は後数ヶ月くらいしか無いと思ってた。」
 急に洋子の声が明るくなる。
「あんたね‥‥」
     
 カランカラン
 何かを言いかけた愛衣を遮るようにカウベルが来客を告げる。そろそろ混み始める
時間だった。
「ここ、煙草いいの?」
 そのお客が左手をあげ、煙草を持つ仕草で尋ねる。
「窓際の3席が喫煙席になります。」
 愛衣の答えに洋子が『えっ』というような顔をしたが、愛衣の方は気にせずオーダー
を取りに行ってしまう。
 不思議そうな顔でカウンターを見回す洋子、以前来た時には2席に1つはあった灰
皿が見あたらない。

「マスター、スペシャル2()です。」
 戻ってきた愛衣が厨房にオーダーを告げ、本人はそのままドリンクの作成に入る。
「ここ、禁煙にしたの?」
  洋子が疑問をそのまま愛衣へぶつける。
「禁煙じゃなくて、分煙よ。」
「でもこのカウンターは禁煙なんだろ? 愛衣姉が煙草吸え無くなるんじゃないか?」
「いいのよ。私やめたから。」
 グラスを並べながら淡々と答える愛衣とは対照的に、
「え――――っ! だって‥‥‥‥。」
「だって‥‥なによ?」
 グラスにグレープフルーツジュースを注ぐ。
「‥‥愛衣姉が煙草吸ってるトコ、カッコ良かったのに‥‥私ももう少ししたら‥‥」
 愛衣は黙ったままグラスをトレーに乗せ、お客の待つテーブルへ向かう‥‥と、不
意に振り向き、
「洋子。」
 顔を上げた洋子に、トレーを持っていない手を上げ、指で作った銃を向ける。
「今から煙草なんか吸ってると‥‥」
 片目を閉じて狙いを定める。
「丈夫な赤ちゃんが産めなくなるぞ。」
 バン! と、手首を上げ撃つ仕草。


『はあ?』という顔をする洋子に、クルリと背を向けると、
「お待たせしました。」
 普段より少し明るい声で、愛衣はテーブルの方へ歩き出した。

            ☆             ☆

 それから数時間後‥‥
「ただいま。」
 声に出して言ってみるが、それに返答は無かった。もう半年前からだ。
 4人で住んでいた時にはやや手狭に感じたマンションだが、一人で住んでいると、
無意味な広さだけが目に付く。
 背後の玄関扉が閉まると周囲は闇に包まれた。そのまま廊下を進み居間‥‥いや、
今は20数帖のワンルームと化した部屋のドアを開ける。

 一人暮らしを始めた頃はちゃんと自分の部屋とLDKを使い分けていたのだが、そ
れが不経済だと気付くのにそう時間は掛からなかった。
  家族団欒等に必要と思われるソファやガラステーブルを自分の部屋に移し、ベッド
を持ってきて、寝起きするようにしてしまった。

 闇の中でポットのランプ、ビデオのタイマー時計が浮かび上がり彼女を迎える。
  そして目に入ったのが、明滅を繰り返す電話のランプ。
  一瞬嫌な考えが頭を過ぎったが、すぐに打ち消す。3日前に元気な声を聞いたばか
りだ。
『一件デス』
 無機質な電子の声が暗闇に響く。
 
『もしもし安田です。バイトお疲れさまでした。‥‥えーと、放課後に決まった事を
 報告しておきますね。』
 ふぅっ と息をつく。最初に振り払ったのは、妹の容態の急変を告げる電話を想像
したからだ。
「そう言えば電話番号教えたんだっけ‥‥。」
 クラス内の緊急連絡網を見れば電話番号など書いてあるのだが、少なくともこの電
話は自分が電話番号を教えたから掛けてきたのだろう。
 明らかに愛衣は愛美に対し、領域を開放していた。
 それから約10分‥‥集合場所と時間、見学場所、果てはおやつはいくらまでで、
バナナはおやつに入らない、なんて事まで報告していた。もっとも、最後のおやつ云
々は男子生徒の冗談だったらしいが‥‥
「留守番電話にそんな事まで入れなくていいよ。」
 そう言いつつ、自分が留守番電話を相手に独り言を言っているのだと云うことに気
付き思わず苦笑する。
『‥‥っと、以上です。別に明日でも良かったんですけど、折角教えて頂いた電話番
 号なので掛けてみました。でもまだ帰ってないんですね。‥‥それじゃ、お休みな
 さい。また、明日学校で。』
  『10時12分デス。』
 最後に合成音が電話が切れた時間を読み上げる。愛美が喋っていた時間を考えると、
どうやら10時かっきり掛けてきたようだ。
「律儀な娘‥‥」 
 が、その愛衣にしても10分間電話の前で座り込んで居たのだから、人のことは言
えない。
「ん〜〜っ!」
 大きく伸びをして立ち上がり、電気を点ける。暗い部屋の窓からから夜景を眺める
のも良いが、今の電話の後ではあまりに似合わない気がした。
 ふと落とした視線に電話帳の間に挟まった紙が目に止まる。
『平成2年度 八十八学園1年C組 緊急連絡網』
 何気にそれを取り出し、名前を探す。
 あった‥‥
 受話器を上げ、そこで手が止まる。ほんの一瞬考え、受話器をフックに戻してしま
う。
「‥‥らしくないな。」
 たしかに彼女らしくなかった。少なくとも高校に入ってから半年、同級生に電話な
ど掛けた事は無い。いや、掛けようとした事すらなかった筈だ。

 彼女の中で何かが変わり始めていた。
 妹そっくりな女の子、その兄代わりの男の子、そしてお節介な同級生。彼らが愛衣
の今日を変えた。
 昨日と違う今日、それは今日と違う明日が来る事を彼女に感じさせた。


『Today is another day』了


Zekeさんのうふふ☆な書庫へ戻る
このページとこのページにリンクしている小説の無断転載、
及び無断のリンクを禁止します。